家にあるワインや骨董品を買取業者に売ってみませんか

スーツの男性

まずは査定から

飲料

飲みかけや空ボトルまで

飲まないお酒の瓶が収納スペースの場所を取っているなら買取に出すという方法があります。箱に入ったまま保管されているお酒はもちろんのこと、 ラベルが破れているものや、すでに開栓しているものも査定額は低くはなりますが買取対象となることもあります。価値の高い珍しいお酒や限定ボトルなど特殊なものであれば空になったボトルでも買取をしてもらえるというケースもあります。こんな状態でも査定してもらえるのか不安という方でも、まずは査定を依頼してみてその結果を見てから決めることもできます。手放すかどうか決めかねていて査定額を見てから検討したいといった目的でも良いのです。飲まないお酒のボトルは処分して収納スペースを有効活用していきましょう。

早めが肝心

お酒は賞味期限がないものが多いため、とりあえず押入れの中に保管しているという方も少なくないでしょう。古いお酒の中には価値が高くなっているものもありますが、ワインであれば専用のワインセラーを使って温度など正しい環境で保管しているということは大前提ですし、すべてのお酒は時間が経過するほど価値が高まるというわけではありません。なるべく早めに飲んだ方が良いものもたくさんあるのです。ボトルを部屋に飾っている場合は紫外線の影響を受ける可能性もあります。飲む予定がないのであれば放置するのではなく早めに買取に出した方が査定もより有利になります。買取依頼は簡単にできます。日々の温度差もお酒には影響を及ぼすものとなるので、後回しにせずに早めに買取に出してみましょう。