家にあるワインや骨董品を買取業者に売ってみませんか

スーツの男性

賢い売却方法

アンティーク

高く売るためのポイント

食品に属するものの中でも酒だけは例外的に中古品としての価値が認められています。飲食店を閉店したり過剰在庫を処分したりする人が酒を売却することで、一種の中古市場が形成されているのです。個人でも貰ったギフトを換金する目的の他、病気で禁酒しなければならなくなった人や、故人のコレクションを遺族が処分する例があります。そうした場合に少しでも高く売るためのポイントが何点かあげられます。酒に限らず中古品全般に言えることですが、外観のコンディションは買取金額を大きく左右するものです。売却の前にビンやラベルの埃・汚れを可能な限り拭き取っておくといいでしょう。付属品の有無も査定額に響いてきます。贈答品などのケースでは化粧箱を捨ててしまわずに取っておいた方が買取にも有利です。日本酒やビールには賞味期限が設定されているため、当然のことながら新しいものほど高く売れます。ワインやブランデーなどは長期保管されているケースも少なくありませんが、保存状態によっても価値が変わってきます。

店の得意分野を狙う

店によっても査定額に差が見られるものです。一般のリサイクルショップよりは、酒を専門に扱う中古店の方が高額査定の期待ができます。なぜなら専門業者は飲食店などに独自の販路を持っているため、鑑定する人にも目利きが多いのです。それぞれの店には得意分野もあります。日本酒や焼酎に強い店もあれば、ワインやブランデー・ウィスキーなど洋酒に強い店も少なくありません。中には月ごとのキャンペーンや強化買取を実施している店もありますので、そうした機会をうまく利用するのも高価買取のコツです。ワインなどは銘柄によって相場が大きく変動ことがあるものです。そのため中古価格が上昇中の銘柄を強化買取として打ち出している例が多く見られます。キャンペーン情報は酒買取店のサイトで知ることができますので、そうした情報を事前にチェックするのも賢いやり方です。店の得意分野やタイムリーな企画を上手に活用すれば、予想以上の買取金額を手にすることも十分に可能なのです。